小児治験ネットワークは、日本小児総合医療施設協議会加盟施設を中心とした
小児領域に特化したネットワークです
実績

その他

小児治験ネットワークでは、情報提供、教育・研修による治験環境の整備を目指し、以下の活動を実施しています。

2018年度

第7回 実務者会議 (2019年2月開催)

加盟施設の実務担当者(治験事務局、CRC等)を対象に会議を開催しました。
特別講演として、「ICH18/ゲノム試料の収集及びゲノムデータの取扱いについて」と題して、PMDAの方にご登壇いただきました。
また、「医薬品開発においてゲノム試料を採取する臨床試験実施に際し考慮すべき事項について」と題して製薬協の方、「臨床現場における小児への遺伝情報の伝え方について」と題して遺伝カウンセラーの方にご登壇いただきました。

第6回 実務者会議

2017年度

第6回 実務者会議 (2018年2月開催)

加盟施設の実務担当者(治験事務局、CRC等)を対象に会議を開催しました。 特別講演として、「治験実施にかかわる環境変化」「小児医薬品開発の最新の動向」と題して、PMDAの方にご登壇いただきました。
また、「治験NWの現状分析・将来的発展」と題して、製薬協の方にご登壇いただきました。

第6回 実務者会議

2016年度

第16回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016 (2016年9月開催)

【ポスター発表1】
小児治験ネットワークで実装している取り組み「電磁的な治験手続き」についてポスター発表を行い、活動報告や意見交換に努めました。

ポスター発表1
CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016

【ポスター発表2】
小児治験ネットワークにて活動しているCRC教育研修ワーキンググループの取り組みとして、「小児領域におけるCRC教育・研修プログラム作成に向けた取り組み」と題しポスター発表を行い、活動報告や意見交換に努めました。

ポスター発表2
CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016

2015年度

革新的医療技術創出拠点プロジェクト 「平成27年度成果報告会」 (2016年3月開催)

小児医療情報の収集技術における成果報告を目的として、進捗と展望についてポスター発表を行い、活動報告や意見交換に努めました。

革新的医療技術創出拠点プロジェクト 「平成27年度成果報告会」

日本臨床試験学会 第7回学術集会総会(2016年3月開催)

当該学会テーマは「ネットワークがもたらす新しい医療の創成」であり、“小児領域におけるネットワーク活動を通した研究者主導臨床試験の支援”について発表を行い、活動報告や意見交換に努めました。

日本臨床試験学会 第7回学術集会総会

平成27年度 治験ネットワークフォーラム(2016年2月開催)

製薬業界の現状把握、小児治験ネットワークの認知度向上等を目的に、ブース出展を行い、活動報告や意見交換に努めました。

平成27年度 治験ネットワークフォーラム

ARO協議会第3回学術集会(2015年9月開催)

AROの活動把握、小児治験ネットワークの認知度向上等を目的に、当該協議会においてポスター発表(小児医薬品開発を担う小児治験ネットワークの活動報告)を行い、活動報告や意見交換に努めました。

ARO協議会第3回学術集会

第38回日本小児遺伝学会学術集会(2015年7月開催)

被験者の組入促進、小児治験ネットワークの認知度向上等を目的に、治験中の領域の学会においてブース出展を行い、活動報告や意見交換に努めました。

第38回日本小児遺伝学会学術集会

第6回日本製薬医学会年次大会(2015年7月開催)

製薬業界の現状把握、小児治験ネットワークの認知度向上等を目的に、当該学会において発表(小児治験ネットワークの取り組み)を行い、活動報告や意見交換に努めました。

no image

第51回日本小児循環器学会総会・学術集会(2015年7月開催)

被験者の組入促進、小児治験ネットワークの認知度向上等を目的に、治験中の領域の学会においてブース出展及び発表(小児治験ネットワークの活動について)を行い、活動報告や意見交換に努めました。

第51回日本小児循環器学会総会・学術集会
小児治験ネットワーク
国立研究開発法人国立成育医療研究センター
 ネットワーク推進室
〒157-8535 東京都世田谷区大蔵 2-10-1
TEL : 03-5494-7297  FAX : 03-3415-6230