小児治験NWの活動

治験等の実施環境の整備

【治験実施状況】

治験実施状況

(2017年3月現在)

ネットワーク治験の事務局支援(ネットワーク治験の実施に必要な手順の統一化及び手続きの一元化並びに必要な環境(インフラ)整備の支援

手順の統一化

複数の登録医療機関が、あたかも1つの医療機関であるかのように機能するため、統一化を図った手順書、要領及びマニュアルを用いて治験業務を実施しています。

治験事務局業務の一元化

ネットワーク治験の手続きを効率的に実施するため、治験事務局業務の一部(統一化を図った契約様式の提供を含む)を小児治験ネットワーク事務局で一元的に実施しています。

治験環境の整備

ネットワーク治験を効率的に実施可能な環境を整備するため、以下のIT技術を活用したシステムを提供しています。

  • 対外的な情報発信、活動の事例等を紹介・共有(広報)するためのWebサイト
  • 登録医療機関間での意見交換、情報共有、問題解決等のためのWeb会議システム
  • 同一試験を実施する登録医療機関間での治験の進捗、文書の授受等について管理する情報共有管理システム

治験依頼者からの小児治験の誘致及び治験実施可能な医療機関の迅速な紹介

ネットワーク治験を促進するため、登録医療機関を対象に治験依頼者による実施医療機関の選定、治験実施の検討、治験実施計画書の作成等に必要な情報を調査し、治験依頼者に提供しています。

【調査実施状況】

調査実施状況

(2017年3月現在)

中央治験審査委員会の機能整備

中央治験審査委員会の設置

ネットワーク治験を効率的に実施可能な環境を整備するため、治験を行うことの適否その他の治験等に関する調査審査(ネット治験の複数の実施医療機関による一括審議を含む)を行う中央治験審査委員会を設置しました。

中央治験審査委員会事務局

中央治験審査委員会の事務局業務をネットワーク事務局で一元的に実施しています。

※ 中央治験審査委員会については、「中央治験審査委員会に関する事項」を参照ください。